プレイステーション3・4でブルーレイ代行になる

DVDと比較すると、なかなかプレイヤーやレコーダーが売れない時期もありましたが、最近では身近に感じるようになった存在がブルーレイです。高いという印象を持っていることから、避けている人も多く、そのことで高画質と高音質を体感できていない人がいます。身近な機器であることを知ってください。

1万円から始まるブルーレイ生活

以前は5万円以上かかっていたのが普通でしたが、現在はお手頃な値段で購入できるようになっていますので、多くの人が利用することができるようになっています。再生だけのプレイヤーであれば1万円、また録画を兼ねたレコーダーであれば3万円台で日本製メーカーも購入が可能です。

この値段で購入することができますので、多くの人が高画質高音質の映像を楽しむことができる環境が整います。高かったというイメージを多くの方が持っていますので、現在もそのように感じている人も多いですが、そんなことはありませんので機器を求めて楽しむことをおすすめします。

パソコンやゲーム機にもブルーレイ

プレイヤーやレコーダーまで購入しなくても、再生や録画ができる環境を整えることも可能です。その代表格がパソコンになるでしょう。書き込みができるパソコンもありますので、容量を多く持っていることから重宝することになるでしょう。今まで数枚のDVDでバックアップを作るようなことがなく、1枚で終わることができます。

また再生であればプレイステーション3と4にも機能がついていますので、高画質高音質を楽しむことが可能です。HDMIでデジタル出力ができますので、十分綺麗な映像を楽しむことができるでしょう。

ブルーレイ収集家にはおすすめ

映像はハードディスクやクラウドを使って保管することもできますが、それらが壊れたり、またウィルス等やパスワード漏えいによって画像が流出してしまうこともあります。ディスクに収めていれば、自分の手元に置くことができ、また大容量になりますので、少ない枚数で手元に保管することができます。ただディスクは傷に弱いですので、保管方法はしっかりと行いましょう。

楽しむためには機器が必要です。3Dも楽しむことができますが、それらにも専用の機器が必要になります。自宅で楽しむには十分な環境を整えることができるでしょう。

© 2017 高画質ブルーレイ研究館